ハイテク満載、最新のカギはこんなに凄い。

リモコンで部屋の中にある照明器具やエアコンを操作するというのは、今や古いタイプなのだそうですね。最近では、スマホと連携した家電製品が販売されるような時代なのです。確かにスマホの場合、携帯電話と入れ替わる頃からいずれスマホに携帯電話のユーザー全てが乗っ取られるといった予感がしていましたが、スマホが家電製品と連携した操作ができるような時代が来るとは思ってもいませんでした。おまけに、玄関ドアの鍵すらもスマホで施錠や解錠が可能なのだそうですね。

そこでハイテク満載、最新のカギはこんなに凄い!ということで、デジタル時代に相応しい最新式の鍵を少しご紹介したいと思います。例えば、今申し上げたようにスマホと玄関ドアも連携して操作ができるというのです。

ちなみに、スマホで鍵を施錠したり解錠したりできるシステムをスマートロックというらしいですね。このスマートロックシステムというのは、現在までに何社もの商品が市場には流通しているようです。ここでその内のいくつかを挙げてみますと、ソニーとWillとの共同出資会社でもあるキュリオ株式会社のキュリオスマートロック・電通グループのニューヨンロックパドロック・ニンジャロック・アケルン・オキドキ・ボルト等々、10社前後のメーカーからスマートロックシステムのハイテクキーが販売されています。現在のところ、スマホは全世界的なユーザー数なので、こうしたスマートロックシステムもいずれ相当数のシェアーになるような予感がしますね。もちろんスマートロックに限らず、ハイテクキーはその他にもいろいろとあるようです。

所謂、電子錠と呼ばれる施錠システムになるのですが、暗証番号でドアの鍵を解錠するタイプや人それぞれ固有に備わっている指紋を認証することで、ドアの鍵が解錠するタイプさらにはカード認証式の電子錠もあります。ただし、こうした電子錠は従来の機械式の鍵よりも割高にはなるようですね。