珍しいカギだと聞いているのですが、同じ鍵を作れますか?

カギにもいろいろな種類がありますが、使う分には大差ありません。しかし、鍵の種類によって大きな差が生じてしまう場面というのもあります。それが合鍵作成です。
一般的なカギというのは、複製を作ることが可能です。もちろん「それが純正キーであれば」という条件はつきますが、合鍵を作成することで、紛失や破損などの問題が起きたときに、急場をしのぐことができるのです。合鍵から合鍵を作製すると、精度が落ちてしまうために上手くあかなかったり、シリンダーにダメージを与えてしまうことがあるので注意が必要でしょう。

しかし、最近の防犯意識の高まりから、カギの複製にはさまざまなセキュリティーが設けられるようになりました。だれでもポンポンとカギを複製できるとしたら、防犯上問題となってしまうからです。
合鍵は便利である反面、防犯上のウィークポイントとともなります。そこで最近のカギのなかには、容易に合鍵が作製できないような仕様になっているものがあります。

通常のカギの場合、たいていは1000円程度で合鍵を作製できてしまいます。構造が簡単で、作成に通常の合鍵制作以上の特殊な技術が必要ないことや、その合鍵を作成する機械自体がある程度安価であることなどがその理由でしょう。しかしディンプルキーと呼ばれるカギの場合、合鍵の作製費用が2000円以上というのも珍しくありません。通常のカギのようにギザギザがなく、替わりにディンプルと呼ばれる丸いへこみがあるこのカギは、合鍵を作る機械自体が特殊で高価です。さらに合鍵作成自体の特殊な技術が必要であるため、どうしても作成費用が高くなるのです。

マルティロックのシリンダーを採用している場合、合鍵を作るための情報がデータ管理されているため、IDカードがないと合鍵は作れません。また、特許によって合鍵作成制限がなされているカギは、法的な保護によってメーカーでしか合鍵を作ることが出来なくなっています。