大切な書類が入った金庫の鍵を失くした私が学んだ教訓

以前私は、大切な書類が入った会社の金庫の鍵を失くしたことがあります。その時には、どこを探しても鍵が見つからないのでさすがにあわてましたね。結局、鍵屋さんにお願いをして金庫の扉を開けてもらうことになりました。しかも、世の中にはすばらしい鍵屋さんがあるもので、例え鍵を紛失して無いという場合であっても新しい鍵を作り直してくれるという鍵屋さんがあるのです。ちなみに、鍵屋さんに金庫の鍵を開けてもらった後には、会社の上司には怒られるし二度と同じような問題を起さないような是正対策もさせられました。また、そうした騒動があって私が学んだ教訓としては、合鍵は必ずどこか別の場所に保管しておくべきであるということです。

それから、自分の担当する鍵であっても、社内の事務所には大型のキーボックスを設置して、そのキーボックスで様々な鍵を管理すべきであるということです。最近では、キーボックスの中に保管されている鍵を持ち出した場合には、パソコンで鍵の状況が管理されているので、その持ち出した日付が分かるといった最新のハイテクを利用したキーボックスもあるようですね。とくに人間というのは、どこかに物を置き忘れたりすることがあるので、そうした人間のヒューマンエラーに対するハード面での対策が必要なのかもしれませんね。もちろん、そうしたハード面での対策は必要なのかもしれませんが、やはり張本人でもある私自身が十分反省をして、しっかりと何でも物を管理できるようにならないといけないでしょうね。